句会と白蓮れんれん

Becoming a poet 頭の体操したいし、そこそこクリエイティブに遊びたいし、何よりバカ笑いしたい。それに北国では冬の室内遊びを考えないといけない…… ということでしばらく前に句会を決行。一応、形式や伝統は重んじるけど、それ以外はどうせ海外在住の身だし、ということでゆるめに。もちろん予習も修正もしない。その瞬間に爆発する創造性が決め手になるようなしくみでやっているので、その場でひねりだすことがすべて。場所もパブ。お酒が回ってくるとピン句(大人の俳句)も詠んでしまうし、「うーん」と産みの苦しみを味わっている最中に、80年代の懐メロがおかまいなしに邪魔をする。普段は使わない部分の脳みそをフル回転させているので、せっかくだから記録して、インスタに句を挙げている(別アカウントで)。海外でも夏井いつきの本が大活躍。上達したら、もっと複雑な思いを短歌にしたためたい、と思っていたけど、林真理子の『白蓮れんれん』を読んでいたら、白蓮の恨みがましい恋愛の和歌がいっぱい出てきて、私には無理だと思った。私はどっちかというと失恋からの復活を祝福する歌のほうが得意だと思う。ちなみに『白蓮れんれん』は、途中から白蓮が林真理子化していた。白蓮の口を借りて、林真理子が言いたい放題言っている。まあそれが面白くもあるけど。

なでしこジャパンが金を逃した日に

フェイスブックに書いたけど、時間経つと埋もれるから、ここに残しておこっと! ロンドンオリンピックのメダル授与式にしずしずとメダルや花束を持ってやってくる美しい男子にうっとりして和歌を詠みましたわ。 V の夢は散りぬれど 英人 (はなびと) の紫の君の V にあはれと袖ぬるる ... (勝利の夢は散ってしまったが、英国の紫の男性たちの V ネックにあはれ、と負けてしまって無念の涙を袖でぬぐう、の意) 彼らはいつも渋い紫の V ネックの装束を身に纏っておられます。そして、三宝台のような台にメダルや花束を載せて、しずしずと高貴な香りを振りまきつつも恭しく、選手の前に現れます。あのお召し物が地味な分、お顔の美しさが引き立つというものです。 開会式は「庶民」をテーマにしつつ、こんなところでこっそりと雅な演出があろうとは!私はこの2週間メダル授与式を楽しみにしておりました。 はぁぁ... もうお目にかかれなくなると思うと、心が少し痛みます。

Posted in